読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じんせいたのしい

とあるジャニヲタの愉快なLDHライフ

ジャニヲタがLDH界隈のライブ会場にビビり散らしながら初潜入した話。

みなさんこんにちは!もう次の記事書いちゃった!調子乗りすぎ!馬鹿野郎!

こういうのは勢いあるときに書いといた方が良いんですよ。私飽き性なんで。きっとこれ続かないんで。

今回は私が初めて三代目JSBさんのライブに潜入した時のお話をしようかと思います。何もかもが新鮮だったが故、何から話せばいいのかわからない。(頭抱)


  1. ライブビューイング
私がおみくんにハマった経緯は前回だらだらと綴らせていただきました。その時にさらっと記したひと足早くジャニーズとLDHを掛け持ちしていた友人。はい、キーパーソンキタコレ!!!テスト出るよ〜メモとって〜〜〜!

実際にライブ会場に潜入する前にライブビューイングに足を運んだんです、その友人に誘われて。KAT-TUN担の友人として一緒にごはんに行ったのに、なぜかわからないけど気づけば私がおみくんを気になっていることを話してて、そしたらライブビューイングに誘われて、あれよあれよと初現場決定。なにこの出来すぎた話。怖い。

というかそもそもライブビューイングというものが行われていることにジャニヲタおったまげた。ライブをビューイングさせてくれんの!?優しい!!!!!!!!!!!!!!!(?)

初現場が決まり、これから私は本当によその界隈に足を踏み入れるんだというワクワク感と戸惑いと緊張を抱えながら当日を心待ちにしていました。(ちなみにその初現場はBP 7/15 さいたまスーパーアリーナ公演のビューイング)

そしてビューイング前日。私の感情の高ぶりはピークを迎えます。

え!?待って!?どんな服着ていけばいい!?!?どんな服着ていけばジャニヲタってバレない!?!?え!?!?!?

ググりました。「三代目 ライブビューイング 服装」何の役にも立たなかった。無念。
友人に聞いてみました。「普通で大丈夫だよ」普通って何!?!?怖い!!!!!

異常に怯えていました。本当に怖かった。ジャニヲタ流れがあまり良く思われてないことも知ってたし、新規が嫌われてるのも知ってたし。

で、結果、どんな格好していったっけな、はっきりとは覚えてないけど、普段の格好よりかなりカジュアルめの格好をしていった気がします。たぶん浮いてなかった。勝った。(拳を突き上げる私)


2.ビューイング感想

もうダメだと思いました。もうダメだ、の一言に尽きる。かっこいい。さんだいめじぇいそうるぶらざーずかっこいい。課金したい。おみくんに課金したい。(軽率)これが率直な感想。(雑すぎる)


3.チケット戦争

ライブビューイング後、私は、彼らを生で見たい今見に行かないと後悔するチケットチケットチケットチケット…と取り憑かれたようにチケットを探し始めます。探し始めた束の間、相場を知って絶望。馬鹿じゃねえの。桁がおかしい。絶望。本当にびっくりしました。

貧乏学生の私は、ああ…こんなの手が出せない…諦めるしかないの…?と絶望の淵に立たされました。今にも身投げしそうな勢い。

しかしそんな私に希望の光が…!!!そう、直前販売…!!!!!!!!この仕組みを知った時、本当に舞い上がった。まだ私にも可能性はあるのね…!!!と。甘い。甘すぎる。三代目JSBチケット戦争の恐ろしさを何にもわかってねえ!これだからケツの青いガキは!ケッ!!!(誰)

正直なんとかなるだろうと思ってました。なんだかんだ取れるよねって。なんであんなに自信たっぷりだったのかわからない。直販を舐めてかかった私はもちろん惨敗しましたよ、ええ。当たり前だバーカ!やーい!バーカバーカ!(低レベルな野次)

でも私諦めなかった。私の頭の中の真矢みきが叫んだの。
諦めないで〜〜〜〜〜!(ビブラート)
ありがとう真矢みき。あなたのおかげで私頑張れた。ありがとう。

定価でチケットを手に入れたかったので、ツイッターで取引垢を作成し、手当たり次第に声を掛けました。何人かの方とやりとりを始めるも破談を繰り返し、もう本当にダメかと諦めかけた時、神が舞い降りたのです。

「まだチケットはお探しでしょうか?お探しでしたら定価で良ければぜひお譲りしたいと考えております。」

泣いた。マジ泣いた。

こうして私は公演ギリギリに8/5 京セラドーム公演のチケットをゲットし、ライブ会場初潜入に至るのです。(BGM:ギリギリでいつも生きていたいから〜Ah〜♩)


4.ライブ会場潜入(ビビり度MAX)

チケット交渉成立後、何着ていけばいい!?問題がまたしても発生しますが、前回と全く同じなので省略。ビビり度は前回の倍以上でしたけど。ビビりすぎた結果、悟り開いてKAT-TUNの現場行く時となんら変わらない格好で行きました。簡潔に言うと浮いた。(浮いた)

行き慣れたはずの京セラドームなのに、知らない場所に連れて行かれる気分。JSBで溢れる梅田に怯え、友人の腕に縋り付く我。大正駅に近づくに連れて増えていく青いおなごたち。怖い。怖い以外の感想が出てこない。

京セラ着いて何がいちばんびっくりしたって、公式のTシャツ着てる人の割合が高すぎたこと。見渡す限り公式Tシャツ。そりゃ花柄ワンピースで乗り込んだ私浮くわ。超浮いてたわ。だから私と同じような格好してる人たちには勝手に親近感感じてました、たぶんジャニヲタ流れなんだろうなって。同郷最高。(握手)

他にも怖いことたくさんあったんですけど、すでにここまでが長すぎるので、それはジャニーズとLDHを比較してみた話で綴りたいと思います。(急な次回予告)


5.ヒロオミに抱かれた

初めて三代目JSBを生で拝んだ感想を簡潔にまとめると結論はこれです。

ヒロオミに抱かれた。めちゃくちゃに抱かれた。

私の三代目処女喪失はステージサイド席、いわゆる見切れ席でした。案内通り進んでも進んでも席に到着しない。京セラドームってこんなに広いんだね???と身をもって実感する程には歩いた、ひたすら歩いた。もうこれすらも怖い。(震)

ステージサイドがステージサイドすぎてビビる。しゅごい。ステージサイド席とアリーナ最前が同じ値段。しゅごい。(厳密に言えば同じ値段とは言い難いかもしれないけれど)

モニター全く見えねえわ、メインステージも半分くらいしか見えねえわ、で席到着してから文句垂れまくってたんすよ。でも彼らが現れた瞬間、飲まれた。一瞬で飲まれた。現れた瞬間見えてないのに。全編通してだいたい後頭部しか見えないのに。バイバーイ!の瞬間も見えなかったのに。(ステージサイド席は全体的に切ない)

後頭部で抱いてくるヒロオミっょくなぃ!?!?セックスシンボル!?!?オーイェー!!!!!!!!!!(血眼)


こうして私のライブ会場初潜入は幕を閉じました。何にいちばんビビり散らしたって終わった瞬間、おみくんに抱かれた〜え〜〜〜ん( ;  ; )ってなってた自分に。頭がおかしい。怖い。

総括:全部怖い